女子的スタイル倶楽部

看護師の業務は、医師の指示のもとに行うことがほとんどですが、その一つ一つの業務に命を預かる重い責任があります。

ですから、業務の中のミスは「インシデント・アクシデント報告」というもので挙げる必要があります。

一人一人の小さなミスでも報告して、また同じミスをしないように、大きな事故を招かないようにという狙いのようです。

しかし、不幸にも命に関わる重大なミスを犯してしまう看護師さんもいます。

そのような場合は、もう看護師としてやっていけない、違う職種に転職したいと思うことも多いでしょう。

今の職場がシビアなら、少し緩めの職場に転職してみることを考えてみるのも良いです。

 

ナースパワーはこちら

 

ナースの働く場所は何も病院だけではないんです。

続きを読む≫ 2014/03/07 02:15:07

人生のうちで最も祝福してもらえる誕生日はいつでしょうか?

それは1歳の誕生日かもしれません。

皆に祝福されていても、本人は記憶にはない誕生日。

それが1歳の誕生日の特長と言えるのではないでしょうか。

記憶はなくても、こうやってお祝いしてあげたという写真を残してあげることは出来ます。

だから我が子が1歳になった誕生日は盛大にお祝いしてあげてはいかがでしょうか。

1歳の誕生日といえば、一升餅という風習があります。

一升のお餅を背負わせるという、一見子どもにとっては過酷に見えるこの風習も、良い思い出になるはず。

突然背負わされたお餅に驚き、悲鳴を上げながら必死に立とうとする子もいるでしょうし、大泣きする子もいるかもしれませんね。

続きを読む≫ 2014/03/07 02:14:07
あなたは「健康」のために何をやっていますか。
運動、食事、睡眠等、人それぞれ様々な健康法をお持ちかもしれません。
その中で意外に盲点となっているのは、神経と健康の問題です。
実は両者には深い関係があります。
体のバランスを保っている主役は神経系です。
神経系を担っている中心的存在が脳なのです。
脳から健康になるために、誰にでもできる簡単な方法があります。
それは、家事をしっかり行うことです。
脳科学の専門家に言わせると、家事というのは非常に高度な作業であり、脳を活性化する最良の方法だといいます。
掃除、自炊、洗濯、そんな基本的な生活が実は脳に非常に良いのです。なぜでしょうか。
それは、家事が「手」を「目」をフル活用する作業だからです。
脳の活動は、神経系の活動です。
その神経系を最も効率良く刺激する方法が、手と目をよく動かすことなのです。
あなたも、家事をしながら知的な健康を手に入れてみてはどうでしょうか。
続きを読む≫ 2012/04/14 22:26:14
女性の多くは一度は都会にあこがれるものです。
都会のマンションを借りて生活してみたい!なんて考えている若い女性は多いのではないでしょうか。
しかし、そういった行動には地域社会の紐帯を失ってしまうというリスクを孕んでいます。
現在の住処をマンション査定して売って都会暮らしをするのも良いですが、地域に根づいた人間関係の良さを
見直してみてはどうでしょうか。
地域社会には助け合いの精神がありますから、少なくとも都市生活者の孤独とは無縁でいられます。
こういった人間関係は若い頃はその良さが分かりにくいのですが、年齢を経るにしたがってじみじみと
「ありがたい」と思えるものなのです。
続きを読む≫ 2012/04/03 21:57:03

忙しい女性、働いている女性は、スーパ^にいく暇がとれなくて、

どうしても質素な食事になりがちです。

心の片隅に「食べなければ痩せられる」という考えがありますから

どうしても必要な栄養素が欠けてしまうのです。

最近は忙しい女性が玄関まで必要な野菜が届く野菜通販を利用するケースが増えています。

こういったサービスを利用することで、自身の健康維持に役立てるのも良いでしょう。

食は美容の基本のキです。病気になっては元も子もありませんから、栄養を積極的に摂取する姿勢が大切です。

続きを読む≫ 2012/03/28 23:42:28
仕事には向き不向きがあります。
ある人にとってはものすごい喜びをもたらすのに、ある人にとっては苦痛でしかならないものなど、その人の性格によって「適職」は変わってくるのです。正規雇用の看護師という職業に向いている人もいれば、非正規の看護師 パートで十分という方もいます。
一方で、できないと思っていたのに、実際は、やってみて始めて自分にあっているとわかった、という場合もあります。
反対に、以前から希望していた仕事なのに、実際やってみると自分には向いていないと気づくこともあります。

自分にぴったりの仕事に出会えれば、人生の半分くらいの時間をその仕事に費やすわけですから、とても有意義なことになります。
こればかりはやってみないとわかりません。

やりがいのあると思える仕事に出会えるとよいですね。
なるべく食わず嫌いをせずに、チャレンジしてみるのもよいかもしれませんね。
続きを読む≫ 2012/03/23 14:15:23
キレイになりたい、お肌や髪のケアは?、
アンチエイジングってどうするの? 
こういう疑問は美容を気にする人なら興味がありますよね。
美容は魔法ではないので、正しい知識で理論的に向き合うことが最短で最善の方法だということを覚えてくださいね。
色んな美容法が氾濫しているけど、正しい物もあれば、根拠のないものまで色々です。
たくさんの中からどの情報を選び出すか、そのためには正しい知識を持っていないと間違ったお手入れで逆効果になってしまうことも。
そんな悲しい結果にならないためにも、正しい情報と自分に合った方法をチョイスしましょう。
理論的に、というのは、肌とはそもそもどういう構造でどんな働きをするのか、これがわかっていれば、自然とお手入れの仕方も正解がでてくるものです。
アンチエイジングって何をすればいいの?
これも回答は、アンチエイジングとは何か、を知ることにあります。
続きを読む≫ 2012/03/13 10:31:13

小泉構造改革で、派遣労働の職種が広がったため、女性の正社員を派遣社員に置き換えて、人件費削減を図る企業が増えてきました。

社会保険料やボーナス、福利厚生費等のコストを考えれば、派遣会社に払う金額の方が安いからです。

ただ、企業の側にも弊害が出てきています。

1年程度で人が変わってしまうと、引き継ぎ時に2人分の人件費がかかり、また、引き継ぎが適切に行われない場合もあって、業務に支障を来す場合が少なくありません。

また、企業に対する忠誠心がありませんから、ちょっと気をきかせて仕事がスムースに運ぶのを助ける、などといったことは期待できません。

企業間競争において、ちょっとの差異の積み重ねが営業成績アップにつながり、引いては企業全体の業績向上につながることを思えば、非正規雇用者を雇うことにより、コストカットに見合わない、ロスが出ている可能性も否定できません。

既に、目はしのきく企業では、正規雇用者に戻す方向になっているそうです。

 

目先のコストカットより、将来の利益を考える観点からも、女性の非正規雇用は減らしていく方がよいのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2012/03/12 16:35:12

目がキラキラしている女性は輝いて見えます。

かがやく瞳は前向き、ひたむきさを演出してくれるんです。

もちろんメンタルな要素も大切ですが、目のしょぼつきや疲れに対するケアも必要です。

最近のOLは昔とは違いファイリングもPC上で行いますから目を酷使しがちです。

目を酷使しすぎると充血やひどいときにはクマの原因になりますので注意が必要。

適度に休ませながら目を使いましょう。自分をちゃんと労われる人こそができる女子なんです。

続きを読む≫ 2012/03/02 00:14:02

エステに行った方は少なくないかもしれません。

やはり、なんと言ってもエステシャンのマッサージは違います。

人間の体にはリンパ管が張り巡らされていて、リンパ節に流れ込んでいるそうです。

リンパ管の中にはリンパ液がゆっくりと流れていて、体の老廃物をお掃除してくれるらしいです。

リンパの流れが滞ると、体がむくんできます。

マッサージや運動などでリンパの流れをよくすると、体重はさほど減らないのに、小顔になり、体がスリムになるのに驚きます。

 

では、リンパの流れをどのようにしてよくすればよいのでしょうか。

マッサージは効果があります。

顔にもリンパ管があり、顔の周りにもリンパ節があるので、リンパの流れをよくするように強めにマッサージしてあげるとよいでしょう。

その際は、マッサージクリームを多めにつけることが大切です。

 

エステのあと、本当に顔がすっきりしているのでびっくりです。

やはりプロのエステシャンは違うな、と思います。

 

また、筋肉をアップすることによって(特に脚)、リンパの流れはよくなるそうです。適度な運動、適切な筋トレをすれば、贅肉が筋肉にかわってしまるだけでなく、リンパの滞りがなくなってスリムになることが期待できます。

続きを読む≫ 2012/03/02 00:13:02